このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. 人気の即日融資カードローンをランキング
  3. よくある質問
  4. 経験者が語る即日借入可能なキャッシングを選ぶ重要ポイント

実際の体験談をご紹介

急な飲み会の誘いが……(男性/30代)

男性/30代

都内の大学を卒業してから、地元に戻ってずっと働いていました。

そんな時に突然、大学時代の仲間から飲みに行かないか?という誘いを受けました。

久しぶりに友人たちと会えると二つ返事で引き受けたのですが、
給料日前で手持ちがあまりないことに気づきました。

その時、貯金は妻が管理していて、東京に行くからお金を出して、とはとても言えず困りました。

そんな時に即日借入のキャッシングサービスがあることを聞きました。
人目を気にして無人契約機で申込みをしたのですが、オペレーターの指示に従うだけなのであっという間で簡単でした。

審査も30分ほどで終わり、旅費と飲み代の15万円ぐらい借りれればと思っていたのですが、限度額30万円まで借りられることに。

返すときも計画性を持って返済できましたので、妻にキャッシングのことがばれることもなかったです。
必要な分だけ即日借入することができたので、とても助かりました。

人気の即日融資カードローンのランキングはこちら

日曜日の審査でも借りれました(男性/20代)

男性/20代

大学院で勉強をしています。

普段の収入は塾講師のバイトと実家からの仕送りなのですが、生活はなんとかできています。
ですが、この前学会と研修があって海外に行くことになり、貯金をかなり使ってしまいました

そんな時に友人から旅行に行かないかとの誘いを受けました。

旅行の計画自体は前々からあったのですが、手違いがあって連絡がきたのはギリギリでした。

予約の関係で今日までに振込をしなければいけないのですが、
大きな出費の後だったのでとてもそんなお金はありませんでした。

どうしても行きたかったので、カードローンを利用することにしました。

借入可能かインターネットで診断をして、できると言われていたのですが、それでも不安でした。
無人機の方に行って、指示に従いながら申し込みをしました。

その日は日曜日だったので振り込まれるか不安がありました。

審査が完了するときちんと即日に振り込まれていましたので、びっくりしました。
せっかくの機会にお金が払えなくて諦めなくない、土日だから対応できないということがなかったので、とても心強く感じました。

月々の支払金額が少なくて助かりました(女性/20代)

女性/20代

給料日前だったのですが、ガス代や家賃を払えないというピンチな状況でした。

先月も家賃を滞納していて、今月も続くと目をつけられてそろそろマズい、と思っていました。
なので、今月こそはどうしても間に合わせたかったです。

そんな時に即日サービスを受けられるキャッシングについて聞いたのですがる思いで借りることにしました。

選んだきっかけは、5万円までの借入だった場合は、毎月の返済額が2000円でいいということでした。

もちろん、余裕がある時は追加で返済することもできるのですが、
支払いが少ないので返済が苦痛にならないので余裕を持つことができました。

今月はキャッシングで支払いを先送りしなくて済みましたが、来月以降は借りる必要がないように、
出費を見直したり、貯金をする癖をつけるようにしたいです。

キャッシングで借入するのは良い意見も悪い意見もありますが、
少額を借りて計画を持って返していくのが負担が少なくて良かったです。

人気の即日融資カードローンをランキング

数あるカードローンの中でも、融資スピードが早くて口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

なお、三菱東京UFJ銀行とオリックス銀行は総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. SMBCモビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

  3. 三菱東京UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  4. オリックス銀行

    限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

カードローンの利息は高いのではないですか?

状況や使い方、返済方法によって支払利息が高いかどうかは変わってきます。

支払利息は、借りた元金~金利~借入た期間/365日、という計算式で決まります。

具体的なケースで考えていきますと、例えば利息が15%で1週間で5万円の借入をした場合、
支払う利息は144円(5万円~利息15%~7日/365日=144)となります。

もしこれがまとまった金額で、長い間借入してしまうと利息も増えていきますが、
少額を借り入れてすぐに返済することができる場合は利息もあまりかかりません。

クレジットカードに付いているキャッシング機能とカードローンはどちらがお得ですか?

総合的に考えると、カードローンのほうがお得だといえます。

理由の1つ目は、キャッシングで借入した場合の金利は18%前後で固定している会社が多いです。
一方でカードローンの場合は、キャッシングよりも低めに設定されています。

2つ目に、返済方法が柔軟だということです。キャッシング機能の場合には、翌月に一括払いがほとんどです。

返済資金が用意できたとしても、早めに返済することはできず、翌月までの利息を払うこととなります。

一方で、カードローンの場合は決まった額を毎月返していくのですが、
返済資金が用意できたり余裕がある月は追加で返済していくことも可能です。

状況に応じて柔軟に返済できるのがカードローンの利点です。

申込みの審査があると聞きましたが、何を審査するのですか?

申し込まれた会社によって異なってきますが、申請者の年齢や年収、他社から借入をしたかどうか、
その他にはご家族の債務状況や勤続先に所属しているかどうかなどを確認して、返済に対して信用できるかどうかを審査します。

ただ、簡易的な審査で済む会社もありますので、事前にチェックされるのがよいでしょう。

急にお金が必要となったのですが、借入することはできますか?

最近のカードローンであれば待ち時間が短く、融資できるかどうかの結果が分かって、
カードが即日発行される金融機関も増えています。

カードが発行されれば無人契約機を使って近くのATMで現金を受け取れたり、
またはインターネットで申し込みの手続きをしてから口座に振り込んでもらう方法もあります。

いずれの方法でも、締め切り時間がありますが、間に合えば申し込みをしたその日に借入することもできます。

返済に延滞してしまいました、怖い取り立て屋が来たりしますか?

貸金業法の21条、第1項の中で、暴力的であったり、脅迫による取り立て行為は禁止されています。

その他にも、貸金業規制法や割賦販売法によって取り立て行為のやり方は定められています。
もし、規制されている違法な取り立てがあった場合は、記録して告訴や監督庁へ申し立てをしましょう。

ただし、借入た場合は期間内に返済するのが大前提です。

どれくらい借りることができますか?

カードローンなどでは借入上限と融資限度額は決まっています。

貸金業法の総量規制が行われて、銀行以外の金融機関から借りられるのは年収の1/3までと決まっています。
ですが、初めて利用する人の限度額が年収の1/3までということはなく、大きく下回る金額を提示されます。

それは利用実績(もしくは信用)がないためです。

限度額を増やしたいのですが、どうすればよいでしょうか?

契約した会社へ延滞のないようにきちんと返済していくことで、返済実績というものを作っていく必要があります。

また、総量規制によって年収の1/3を超えるような借入は規制されていますので、
もし借入限度額が総量規制の限度額まで設定されているという場合には年収を増やすという方法もあります。

家族に内緒で借入たいのですが、できますか?

最近では各金融会社のネット環境が整備されており、カードローンの申し込みをネットからすることが可能です。

そのため、ネットで申し込み手続きを済ませて、近くの無人契約機でカードを発行、そのまま即日で借入をするということも可能です。

このような方法を取った場合には、自宅にカードが郵送されるようなことや、
利用明細が郵送で送られてくるということがありません。

パート(もしくはアルバイト)をしているのですが、借入することができますか?

申し込み者がパートやアルバイトの方であったとしても、定期的な収入があれば
多くの金融機関で借入の申し込みができるところが増えています。

ですが、正社員と比較すると借入の審査が厳しいこと、総量規制があって年収の1/3までしか借りれないため、
融資限度額はかなり抑えめに提示される傾向があります。

主婦でも借入することはできますか?

専業主婦の場合でも、審査に通れば借入することは可能です。

その場合には、過程の年収を証明して、身分の証明ができる書類を提出して借りることになります。
ただし、総量規制が施行されて、専業主婦は収入がないものとみなされます。

そのため、専業主婦が単独でカードローンを利用するというのは難しいです。

カードローンを利用したいのですが、担保や保証人は必要ですか?

通常の融資や借入をする際には担保や保証人は必要となりますが、カードローンを利用する場合、
契約時に定められた範囲内の融資額であれば、担保や保証人がなくても利用することは可能です。

その際、本人確認ができる身分証明証さえあれば契約することができます。

借入を断られたのですが、どうすればよいでしょうか?

すでに別の金融機関から借入をしているのであれば、そこへ相談するのがよいでしょう。

返済計画などを見直して借入額を減らしていくことになります。
また、現在は借入がなく、断られてしまった場合には、申込者の返済能力や保証人・担保の有無によることが多いです。

銀行のカードローンに比べると消費者金融は審査が比較的通りやすく、
無担保で借入ができますので、そちらを検討されるのがよいでしょう。

返済日を変更したいのですが、できますか?

キャッシングでの場合、申込者が返済を自由に決める、ということは基本的にはできません。

しかし、多くのキャッシング業者では月に2回程度の返済日を設定しています。
毎月10日、あるいは25日というように返済日を設けていますので、その中から選択して返済するということはできます。

またはカードローンを利用した場合には、資金状況に応じて返済計画を立てることができます。

支払日までに返済資金を準備できた場合には、一括返済をするということも可能です。

一度返済が送れてしまいました、もう借りることはできませんか?

数日程度の延滞をしてしまったのが1度であれば、借入するのにほとんど影響はありません。

また、借入停止になったとしても、延滞分をきちんと返済することでまた借入ができるようになるのがほとんどです。

ですが、こうした延滞行為が何度も続いたり、長期に渡ってしまいますと、
カードローンを利用できなくなるだけではなく、通常金利よりも高い遅延損害金がかかることがあります。

返済日に遅れるようなことはしないほうがいいのですが、もし延滞に気づいた場合には早急に返してしまうか、
借りている会社のコールセンターへ相談することも重要となります。

クレジットカードを複数持っているのですが、審査に影響するのでしょうか?

持っているカードの枚数自体は手続き審査に関係はありません。

ですが、利用しているカードの件数が審査に影響を及ぼします。

実際、同じ50万円の借入をしていたという場合でも、1件からの借入の場合は融資することが可能ですが、
もし5件のように増えると融資可能かどうかは判断できないと言われることがあります。

借入件数は少ないほうがいいので、もし申請したいが、借入件数を減らせない場合には一旦、
残額が少ないクレジットカードを完済して件数を減らしてから申し込みをするという方法もあります。

借入をしたいのですが、入会金や年会費はかかりますか?

受けるサービスや会社によって異なりますが、基本的には無料でご利用することができる場合が多いです。

即日の借入をしたいのですが、タイムリミットはありますか?

一般的なキャッシングの提供は、振込み対応時間が14時までとなっているところが多いです。

自動契約機で審査を申込んだ場合には、夜の21時もしくは22時までの営業がほとんどです。
自動契約機の場合には土日も営業しているため、急な出費にも対応できます。

即日審査を行っている会社も見かけます。即日融資との違いはありますか?

即日融資の場合、その日のうちに融資まで行えることを意味していますが、一方で即日審査の場合には審査自体は当日中に終わりますが、
必ずしも当日中にお金を借り入れることができるわけではありません

わざわざ審査と表記しているので、当日中に融資を受けることはできないと考えたほうがよいでしょう。

場合によっては融資は1週間後になるということも珍しくはないため、借り入れる際には注意が必要です。

ソフト闇金という言葉を聞きました。通常の闇金との違いは何なのでしょうか?

ソフト闇金は、借金や利息の取り立てが穏やかで催促があまりないような闇金融のことを指します。

ですが、実態は金利を法的に定められたもの以上に設定して、利息がどんどんと膨らんでいきます。闇金融自体は違法です。
ソフトという言葉に騙されないで、その会社がどれぐらいの金利で借入することができるのか調べておく必要があります。

いま住宅ローンを組んでいます。それでもカードローンを利用することはできますか?

はい、住宅ローンがあったとしてもカードローンをご利用することはできます。

カードローンやキャッシングといった無担保で借入することのできるローンについては、
総量規制の対象で最大でも年収の1/3までしか借入することはできません。

ですが、住宅ローンは総量規制の対象外となっています。

他にも自動車ローンや事業者ローンといった担保があり、
借入の目的が明確になっているものは総量規制の対象からは外れています。

実質年率という表現を見ました、ふつうの年利とはどう違うのでしょうか?

カードローンなどの月々の返済額に元金と利息以外に、手数料や保証料といった費用が入ってくるものがあります。

これらの諸経費も利息の中に含めて計算されているものが実質年率です。
法律では実質年率で利息を表示するように定められています。

ですので、実質年率で表記していない金融業者は、金利を安く見せて手数料や保証料を高く上乗せして請求してくるケースもあります。

借り入れる前に、契約書類をしっかりと確認して実質年率なのかどうか見極める必要があります。

経験者が語る即日借入可能なキャッシングを選ぶ重要ポイント

どうしてもその日のうちにお金が必要となる場合、即日借入が利用できるキャッシングを利用したいですよね。

しかし、キャッシング会社を選ぶ際、一体何を重視していいのかよく分からないという方もいるはずです。
そこで今回は、キャッシングを利用したことがある人を対象にアンケートを行いました。

アンケート結果をもとに、即日借入可能なキャッシングを選ぶ際は何を重視すべきなのか分析。

今すぐお金を借りたいという人は参考にしてみてください。

即日借入できるキャッシングを選ぶ際に重視するポイントは何ですか?

アンケート調査の結果

  • 1位:審査のスピード・・・22%
  • 2位:無利息期間がある・・・20%
  • 2位:低金利・・・20%
  • 4位:審査の甘さ・通りやすさ・・・13%
  • 5位:借入手続きが簡単・・・12%

1位:審査のスピード

  • 急にお金が入用になり、審査が早かったので助かりました。(愛知県・42歳・女性)
  • キャッシングを利用する場合は急に必要となった場合がほとんどなので、審査のスピードは特に重視する。(東京都・36歳・男性)
  • 必要な時にお金を借りたいので審査のスピードを重視します。(千葉県・34歳・女性)
  • 少額だが緊急に資金が必要だったので審査の早いところ、というのがポイントだった。(長崎県・46歳・男性)

借入を使う際、最も重視されているのは審査のスピードという結果になりました。

借入先を利用する人の大半は急な出費ですぐにお金を必要としているため、
審査の時間ができるだけ早く終わるところを選んでいることがうかがえます。

2位:無利息期間がある

  • 一度だけ、急にお金が必要になりキャッシングしました。すぐに返済できる予定があったので、無利息期間があると便利です。金利の額はバカにならないですから。(大阪府・52歳・女性)
  • お金を借りると利息がついて返済が苦しくなるというイメージが強いので、返済のことを考えると無利息期間があるのはありがたいです。(鳥取県・41歳・女性)
  • 急に必要になった場合は無金利期間中に返済できるかもしれないので、無金利期間を重視する。(福岡県・41歳・男性)

1位とわずか2%しか差がなかった無利息期間期間。

利息がついていると返済額が高くなり借りたお金を返すのが困難になる可能性が高いです。

借りた金額が無利息期間内で返せそうな額であるのなら、
無利息期間があるところを利用した方がいいのかもしれません。

2位:低金利

  • 金利が低いと、返済費用も抑えられて負担が少なくなるから。(宮城県・31歳・男性)
  • 手続きに時間はかかってもいいので、返す額が低い金利のキャッシングサービスを選ぶようにしています。(福岡県・29歳・男性)
  • 審査が簡単なのも良いのですが、返済するときに金利が高くなるので低金利の方が良いと思います。(東京都・34歳・女性)

無利息と並んで2位の低金利、こちらも無利息と同様、金利が低いところでないとお金を返すのが大変です。

返済費用を少しでも減らすために、手続きに時間がかかってもいいから
低金利のキャッシングサービスを選んでいるという意見もありました。

4位:審査の甘さ・通りやすさ

  • 審査が厳しいと審査に落ちる場合もあり、お金を借りることができないからに他なりません。(千葉県・59歳・女性)
  • 審査が厳しかったら即日で借りることができないのではないかと心配になるから。(福岡県・31歳・女性)
  • 突如にお金が必要な時に利用できることがとても大切だから。(京都府・33歳・男性)

借入を利用するとしても、まず審査を通過できなければお金を借りることができません。

そのため、審査が厳しいキャッシング会社では、低収入の方は審査に通らない可能性も考えられます。
また、審査が厳しすぎるとすぐにお金を借りることができないのでは?という声もありました。

最後のまとめ

借入を利用する場合、審査の速さを重視しているという方が一番多いようです。

お金を使う人の多くは急な出費でどうしてもお金が必要なため、審査のスピードが何よりも重視されるのでしょう。
切羽詰まった心情もあり、すぐにお金が借りられる安心感があれば、当事者にとってこれほど頼もしいことはありません。

同率2位の無利息と低金利は1位とわずか2%の差でランクインしました。

どちらも共通して言えるのは、返済額の負担を減らすということです。

無利息期間のところなら借りた額を返せばいいだけですし、
低金利なら返済額が膨れあがるのを防ぐことができ、わずかでも負担の軽減につながります。

即日借入ができるキャッシング会社を選ぶ際、審査の甘さ・通りやすさも大事です。

そもそも借入を利用したいと考えても、審査を通過しなければお金を借りることができません。
慎重にキャッシング会社を選ぶ姿勢も大切ですよね。

借入はスピード感も重要ですが、無利息・低金利、審査の甘さ・通りやすさも重視するようにしましょう。

今回の調査結果を見ても、1位と2位の差はそんなにありません。
また、審査に通ることができなければお金を借りられません。

借入先を選ぶ際はさまざまな要素を踏まえ、トータル的に判断することが重要です。

このページの先頭へ